« 人任せのことはコケる(vol.254/2004.08.17) | トップページ | 栗原選手の笑顔(vol.256/2004.08.29) »

2012年に何が起きるのか?!(vol.255/2004.08.22)

この間、縁あってご招待で「フォトンベルト」なるものの
話を聞きに行きました。
本当はお弁当付というのに惹かれて、
よく判らずヒョコヒョコと出かけました。
元テレ朝のプロデューサーの渡邊さんという人が
熱く語っていましたが、難しくてチンプンカンプンな部分が
殆どでした。

とにかくこの宇宙にはフォトンベルトというものがあり、
そこに突入するので異常気象などが起きているらしい。
マヤの人たちは太陽の動きを克明に観察し、古代より
2012年に一旦全てが終わりを告げる、と記しているそうな。
そして時間は「エネルギー」である。(なんのこっちゃ?)

唯一、回転の悪い私の頭に入ったフレーズはたった2つ。
「世界は決定的に変化する以外に可能性がなくなった時に
滅びる」。
「自分の魂が信じていることだけが起きていくだけ」。

何億光年の壮大な宇宙物語から、
この平成の日本に生きている自分に戻して考えてみると、
進行性の乳がんを抱え尚も4年以上も生きている自分が
何を日々選択していくかだけなのだ、と改めて思います。
そして生きている意味が亡くなったとき、
私という存在はこの世から去るのだと思います。
それまで毎日いろいろなものを見て、触れて、聴いて、
地球というかこの日本という図書館の中で
変化し続ける自分でいたいと思います。

|

« 人任せのことはコケる(vol.254/2004.08.17) | トップページ | 栗原選手の笑顔(vol.256/2004.08.29) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。