« 1回に一つだけ(vol.199/2003.10.22) | トップページ | リセプター(vol.201/2003.11.04) »

小動物の90度のターン(vol.200/2003.10.28)

子供の頃、アニメのジャングル大帝が好きでした。
詳しい内容は忘れてしまいましたが
なぜか鮮明に覚えているのは、
インパラとかいう小鹿のような
小動物が虎のような大きな動物に追われて
一生懸命走って逃げる光景がよくあったことです。
小鹿は懸命に走り、私と弟はあたかも
自分が追われているような気持ちでハラハラして
テレビ画面をみたものです。
虎が小鹿に追いつき「危ない!」と
目をつぶりそうになった瞬間、小鹿は
これまでに見たことがないような
華麗な90度の方向変換をし、
虎はうまく方向を変えられず
取り逃がしてしまいます。
なんだかこの光景は忘れられない光景なのです。

私もこのがんという恐ろしい虎のような追手から
90度ターンが出来たのでしょうか?
それともまだ逃げている最中なのでしょうか?
とにかく私は
自分が持っているありとあらゆる力を使って、
この追手から逃げ切りたいと思います。
そして私を含めて誰にでも人生の土壇場で、
その人なりの90度ターンという
土壇場のすごい力があると信じたいです。

|

« 1回に一つだけ(vol.199/2003.10.22) | トップページ | リセプター(vol.201/2003.11.04) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。