« 人生は折れ線グラフ(vol.181/2003.07.20) | トップページ | 小さな舞台(vol.183/2003.07.31) »

eye(vol.182/2003.07.25)

この病気をしてから大きく変ったことの一つが
視線です。
普通、人を見るときは顔を見るのが普通ですよね。
ところが、乳がん患者というのは因果なもので、
女性に会うと、
まず胸に視線というか意識が行くのです。
(患者会に行くとこの話がよく出ます)
見ても仕方ないとわかっていても
意識してしまいます。

とはいえ、片胸が無くなって早3年。
やはり目の前の人の胸に意識が行くのですが、
退院直後のドギマギしながらの視線と違って、
ちょっと最近は変ったかなという気がします。

どちらにしても視線には力があります。
見ること、見られることそれを認識すること。
これからも命ある限り、
私は人の胸に視線を向けながら生きると思います。
自分の視線の先にある自分の気持ちを
しっかりみつめながら生きていこうと思います。

|

« 人生は折れ線グラフ(vol.181/2003.07.20) | トップページ | 小さな舞台(vol.183/2003.07.31) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。