« 小さな舞台(vol.183/2003.07.31) | トップページ | 相談(vol.185/2003.08.12) »

keep(vol.184/2003.08.05)

この病気と共に生きるというのは、
本当に気持ちのアップダウンがいろいろと起きるなと
思います。
暗い話を聞いたとか、
たまたま、ちょっと腫瘍マーカーが上がったなど、
原因が判っていることもあれば、
なんだか天気が原因なのか、理由もなく
数日間ブルーなこともあります。
そしてもちろん、よい状態のときもあります。
道の草花を見るだけで小宇宙を感じて、
もうググッと気持ちが熱くなることさえあります。
そしてそんな日はこういう気持ちをキープしようと
思うのですが、それは中々続きません。

ある物事を、そのままの状態でもち続けること。
特定の精神性を、時代を跨いで繋いでゆくこと。
これらの取り組みには、
それ相当の心構えが必要なんだと思います。
いちばん、自分が試される瞬間なのかも知れません。

|

« 小さな舞台(vol.183/2003.07.31) | トップページ | 相談(vol.185/2003.08.12) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。