« ツキ(vol.159/2003.04.07) | トップページ | つきあいの難しさ(vol.161/2003.04.15) »

simplicity(vol.160/2003.04.11)

病気の前は何故か髪の毛を抜くという癖が
エスカレートしていて
我ながら「何だか変だぞ」と思うときが
実は多々ありました。
でもその原因は複雑に錯綜しているようで、
はっきりわかりませんでした。
そして発病から3年経った今なら
はっきりその原因が私はわかるというか、
自分に言ってやれます。
つまり、やっていた食品の営業の仕事というか
その職場に行くことが嫌で嫌で仕方なかったんですね。

物事や問題の原因をシンプルに、
というのは一見簡単なようで、
でも、からみあっている感情を整理したり、
複雑な状況の中から、本当に必要なものを見出す
智恵が必要なのだと思います。
そういう意味でこのがんから私は
そうした「シンプルにする」という
賢さももらったと思います。

|

« ツキ(vol.159/2003.04.07) | トップページ | つきあいの難しさ(vol.161/2003.04.15) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。