« お笑いテレビ番組を笑える幸せ(vol.99/2002.08.13) | トップページ | 来年の夏よ(vol.101/2002.08.20) »

何かをつかもうとする(vol.100/2002.08.16)

病気になる前は漠然と、
朦朧として生きていたように思うのです。
もちろん、じゃぁ、今は
クッキリ、ハッキリして生きているかというと
そうでもないんですが…。
健康だと信じ込んで生きていたときは、
単に毎月の給料、ファッション雑誌の流行情報、
アルコール、グルメ、といったものたちが
「こっちに行ったら?」と呼びかけてくれて
それに釣られてフラフラとやってました。

今でももちろん雑誌、テレビ、インターネットでの
情報があふれかえっているけれど、
今までのような目印とは違う感じなのです。

特に入院中や退院直後は、
自分を守るものがないような
とっても無防備な感じがして、
私をはじめ多くの患者が仕方なく
今、自分に起こっていることを大切にすることを
し始めるように思います。

|

« お笑いテレビ番組を笑える幸せ(vol.99/2002.08.13) | トップページ | 来年の夏よ(vol.101/2002.08.20) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。