« 何かをつかもうとする(vol.100/2002.08.16) | トップページ | レオナルド・ダビンチの言葉(vol.102/2002.08.23) »

来年の夏よ(vol.101/2002.08.20)

夏の初めにデパートで青い小花柄のTシャツを見かけ、
買わないで帰ったのですが何だか気になってました。
そして先日、また同じ物を見かけました。
もう夏の終わりだから
半袖物を買うのは止めようと思っていたのですが、
「秋のスーツの下にも着れるし、それに来年も着るし」
と考えて、思い切って購入しました。

帰りの電車でその包みを抱きながら、
「来年の夏のことを自然に考えて
買い物できた自分がいたのだな」と気づきました。

ああ、私は生きるつもりになっている…。
退院した頃はそうしたことが考えられませんでした。
来年の夏も寝巻きでなく
こうした洋服を着て楽しむ自分よ、存在してくれ。
いや、存在させるのだ…。

|

« 何かをつかもうとする(vol.100/2002.08.16) | トップページ | レオナルド・ダビンチの言葉(vol.102/2002.08.23) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。