« レオナルド・ダビンチの言葉(vol.102/2002.08.23) | トップページ | 所詮(vol.104/2002.09.01) »

縁(vol.103/2002.08.28)

先日、はメルマガの読者で子宮がんの女性の方と
お昼を食べました。
彼女と会うのは3回目です。
ネットがなかったら
多分出会わなかった人だと思います。
そういう意味で、「人間の縁って大事にしたいな」
って思いながら会いに行きました。
「いろんな意味で、
どうせいつかみんな土に還ってしまうだから」って、
思いながらね。

そうしたらその友人の方の事務所に食事の後、
遊びに行ったらヒョッコリやって来た女性が、
よくよく話したら、
ご主人が家の母といとこ同士のことが判りました!!

悠久の時の流れの中で
何億という人の中で出会えるというのは
やっぱり夢のような、
ホント、夢のようなということばが
ピッタリと感じられることが多かった
今年の夏が過ぎていきます。

|

« レオナルド・ダビンチの言葉(vol.102/2002.08.23) | トップページ | 所詮(vol.104/2002.09.01) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。