トップページ | 病院(vol.2/2001.7.30) »

被害者(vol.1/2001.7.27)

災害や事故にあった人だけを被害者と呼ぶのではありません。
責任者の反対を被害者と言います。
責任者とは喜んで今の状態を受け入れている人のことです。
被害者はその反対ですから、
受身で環境のせいで自分はこうなったと思い込んでいる人のことです。

ガンになってつくづく思うことは
この被害者になるか責任者になるか、
運命というか神様に(私は何の宗教にも入信していませんが神はいると思っています)
試されているのだと思います。

私が入院したのは外科ではなく婦人科だったため、
女性のそれもほとんどガンの人ばかりがひしめいていたのですが、
他の科のがん患者に比べると、
おおむね婦人科の人たちは明るく責任者に近い人が多かったように思います。
私の個人的な考えでは、
女性は12、3歳のころから「生理」という嫌なものと向き合う訓練を
何十年もしているわけですから、被害者になりにくいのではと思います。
と、自分を励ましている私です。

|

トップページ | 病院(vol.2/2001.7.30) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。