« 五感(vol.124/2002.11.20) | トップページ | 日常の脆さ(vol.126/2002.11.27) »

生き方はさまざま(vol.125/2002.11.23)

たまに「もし乳がんになっていなかったら
今頃私はどうしているのだろうか?」
と考えることがあります。
やはりあの食品加工会社の営業課長を
ヒー、フー言いながらも続けているのでしょうか?

多分こうしてパソコンをしたり
本を出したりはしていなかったと思います。

がん宣告を受けてもうすぐ3年。
そういう意味で、
たくさんの方法で人生を体験する方が
この世界の陰影は濃くなってくるな、と思います。
自分の人生はいろいろあるさと
可能性を見つけ出す生き方の方が
案外楽しいじゃないかと思うこの頃の私です。

|

« 五感(vol.124/2002.11.20) | トップページ | 日常の脆さ(vol.126/2002.11.27) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。