« 思いは癖になりやがて…(vol.127/2002.12.01) | トップページ | 待合室にて思うこと(vol.129/2002.12.12) »

日々を生きる才能(vol.128/2002.12.06)

病気をせず歳をとっていくという生き方は
もちろん素晴らしいと思います。
きっとそれは一種の才能のようなものかもしれません。

しかし最近思うのは
じゃ、こうしてがんになった人間は
才能がないのかというのではく、
これはこれで体を張って日々を生きるという
一つの才能を要求されていることかもと思います。

とにかく懸命に日々を生きることは
人間にとって大事なことだと思います。

|

« 思いは癖になりやがて…(vol.127/2002.12.01) | トップページ | 待合室にて思うこと(vol.129/2002.12.12) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。