« 冬の星を見て(vol.133/2002.12.26) | トップページ | 人生の極意(vol.135/2003.01.04) »

目盛りランクアップ(vol.134/2002.12.31)

何かを経験し、
それによって自分の中で何かが湧き起こるという
化学変化みたいなものが
誰の人生の中でも時々ですが起きます。
そしてその化学作用が一段落すると
化学者がビーカーや試験管の中を調べるように、
私たちは自分を点検し、
大抵自分の中の目盛りが一段階上に
上がっていることを知ります。
自分をとりまく世界が広がっていたり、
自分のものの見方が変わっていたり。

この病気もそうしたことの一つだと
つくづく思います。
よく考えると恋もそうですね。

とにかく2003年もどんな化学作用が
待っているのかな。

|

« 冬の星を見て(vol.133/2002.12.26) | トップページ | 人生の極意(vol.135/2003.01.04) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。