« 核の変換(vol.150/2003.03.01) | トップページ | 生きていくことは(vol.152/2003.03.08) »

思い出は空気つき(vol.151/2003.03.05)

主治医の個人病院には毎月行っていますが、
入院していた大学病院には
半年に一度しか今は通っていません。

大学病院に行くとふっと入院中の
不安定で必死な気持ちが蘇ります。
というのも昨日、半年振りに行ったのですが、
特に今回は3月でしたので、
自分が入院していた季節と呼応するので尚更でした。
思い出って結局のところ、
「空気つきなんだな」って思いました。
だからこそどんな場所でもどんな思い出でも
思い出の場所に来たら深呼吸して、
思い出を味わえる自分でいたいと思います。

|

« 核の変換(vol.150/2003.03.01) | トップページ | 生きていくことは(vol.152/2003.03.08) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。