« 思い出は空気つき(vol.151/2003.03.05) | トップページ | 生者の世界の煩わしさよ(vol.153/2003.03.12) »

生きていくことは(vol.152/2003.03.08)

毎日、このネットという便利なものを通して
たくさんの人からメールが届きます。
もちろん昔からの友人もいますし、
どこに住んでいるか詳しいことは?の
ネットで出会った方からもメールが届きます。

毎日朝晩、メールをチェックすると
人生のドラマの断片が溢れてきます。
「家族が事故で亡くなりました」
「自転車旅行から帰ってきたら再発してました」
「主人が救急車で運ばれました」
「お店を始めました」
「急に転勤で単身赴任になります」などなど。

これを毎日見ていると、ふと
「生きていくことは天国だ」と
「生きていくことは地獄だ」というのは
何だか同じことのような不思議な気持ちになります。
別に悲観的でもなんでもなくただ実感としてです。
天国がいい、地獄が悪いとかそういうことでもなく、
生きていく中に天国と地獄に遭遇するのだと、
そしてそれを続けていくことで
希望が生まれるのだと思います。

|

« 思い出は空気つき(vol.151/2003.03.05) | トップページ | 生者の世界の煩わしさよ(vol.153/2003.03.12) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。