« 笑顔の残像(vol.158/2003.04.02) | トップページ | simplicity(vol.160/2003.04.11) »

ツキ(vol.159/2003.04.07)

前にNHK教育テレビで「トップランナー」という
番組があり、結構好きでみていました。
特にその中でもボクシングの畑山正則選手のときは
今のようにタレントになっていないときで、
新鮮でしたね。
ボクシングを目指して彼を教祖のように思っている
若い男性が収録会場にはいっぱいいました。
緊張しているそのファンに
「リラックスして、コンニャクみたいに
プルプルでいるんだよ。固くなっちゃだめだよ」
って、一生懸命言いながら
ボクシングの相手をしている姿が印象的でした。

今でも検査の結果を病院に聞きに行く日などは
緊張してコチコチになるのですが、
このトップランナーの番組のこと、
すごく思い出します。
あるいは病気になる直前は営業の仕事で
女性社長のカリカリしたテンポに合わず、
心がカチカチになっていたように思います。
『ツキの女神は
コンニャクのようになっている人に微笑む』
常にこれを忘れずこれからもいたいなと思います。

|

« 笑顔の残像(vol.158/2003.04.02) | トップページ | simplicity(vol.160/2003.04.11) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。