« 気持ちに寄り添う(vol.15/2001.9.10) | トップページ | 内側で感じていること(vol.17/2001.9.19) »

人生のゲーム(vol.16/2001.9.15)

スポーツのゲームでは必ず勝ち負けがありますが、
人生でのゲームの勝ち負けって、一体、何でしょう?

病気になる前は、より多くのものを獲得していくことが
勝つことと思って生きてきたように感じます。
知識を増やしたり、大学に行って学歴を獲得したり、
給料やボーナスをたくさんもらおうと努力したり…。

病気になってつくづく思うことは、
人生でのゲームに勝った状態は、最後に
「何か、面白かったね~」と言えることなのではと、
今は思います。

こんなに保障されていることが少ない世の中なのに
ゲームの終了の笛が鳴ることだけは、
決められているのですよね。

そして、はたっと思ったのですが、
プロ野球ではシーズンオフにキャンプをします。
このキャンプの取り組み方で、
次のペナントレースが違ってきます。
大病を患うということは、まさしく
「人生のキャンプ」ではないかと思います。
そう考えると、大病もなかなか味わい深いものですね。

|

« 気持ちに寄り添う(vol.15/2001.9.10) | トップページ | 内側で感じていること(vol.17/2001.9.19) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。