« 都会の夜空(vol.163/2003.04.24) | トップページ | openness(vol.165/2003.05.05) »

テレビの害(vol.164/2003.04.30)

入院中、そして退院直後は
テレビを見る気力、体力がありませんでした。
本は読めるのですが、テレビは駄目なのです。
何故かなと思うに、
テレビは、誰にも会っていないのに
たくさんの人が出てきていろいろ喋り
どこにも行けないのに
勝手にどんどん映像が動いていろんな所が映し出され、
流れる音楽は色んなことを思い起こさせ、
体は動かさないけどとにかく疲れるのです。
番組がくだらなければくだらないほど、
ぼーっと見ていると、
あとで体のエネルギーを吸い取られる感じでした。
目は画面を追うだけでまるで虫みたいでした。

この間、久々3年ぶりに復活した生理で
体の調子が悪くて部屋でゴロゴロする日があり、
とにかくテレビはやめて、
静かに目を閉じることにしました。
久々、2、3日テレビがない生活は新鮮でした。
最近は意味なくテレビをつけていたなと思いました。

|

« 都会の夜空(vol.163/2003.04.24) | トップページ | openness(vol.165/2003.05.05) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。