« 旅の体験(vol.168/2003.05.18) | トップページ | paitience(vol.170/2003.05.30) »

アースみたいな人(vol.169/2003.05.23)

茨城に住むT・Fさんは
勉強友達で私のよき相談相手です。
チャネラーという不思議な仕事を生業としています。
幼い頃から自分以外の声が聞こえてくるので、
精神科やいろんな新興宗教をたらい回しにされたり、
若い頃、大病したり、
配偶者との若くしての死別(今は再婚していますが)
などを経てきているせいか、お見舞いの達人でした。
私を励まそうとか、同情しようとか、
何かを気づかせようとか、何かを勧めようとか、
まったくそういうことなく、
ただありのまま存在し、一緒にいることだけを
わざわざ北関東から車を走らせて
頻繁にしに来てくれていました。

やはり病人は一人でもそういう人間が
お見舞いに来てくれると、
余計な力がすーっと抜けます。
彼女は電気を逃すアースみたいな人でした。
困ったとき、追い込まれたときはそういう人が
一番いいですね。

|

« 旅の体験(vol.168/2003.05.18) | トップページ | paitience(vol.170/2003.05.30) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。