« 人生のゲーム(vol.16/2001.9.15) | トップページ | もっと(vol.18/2001.9.23) »

内側で感じていること(vol.17/2001.9.19)

このところ、健康である人達や患者さん達と会って、
愚痴のような悩み事相談のようなものを
受けることが続いています。

今どきは病人にでもならないと、
自分が内側で感じていることを
言っちゃいけない風潮があります。

どっちにしても心の奥底で感じていることに出会うのは、
勇気がいるし、ちょっとした痛みが生じたりもします。
けれどやっぱりそれが、
自分を知っていく最も早い道だと思います。
出会っちゃうと涙が出たり、鼻水が出てきたりもします。
でも、特に何人かのがん患者さん達と話をしてきて、
私が知った真実はこうです。
それは、人が正直に自分の胸の内を話していたりとか、
そのことを相手に伝えようとするとき、
それを人は必ずしも弱味とはとらないということです。

むしろ心を開いてそれを人は歓迎することが多いのです。
だって、それこそがその人の強さだし、
それこそが、まぎれもないその人らしさだからです。

|

« 人生のゲーム(vol.16/2001.9.15) | トップページ | もっと(vol.18/2001.9.23) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。