« もっと(vol.18/2001.9.23) | トップページ | 対等な関係(vol.20/2001.10.02) »

リアライズ(vol.19/2001.9.28)

「理解する」という言葉は英語では、
2種類、あるそうです。
一つに良く聞き覚えのある「アンダースタンド」。
そしてもう一つが「リアライズ」。
辞書を引くとこの「リアライズ」には
もう一つの意味が出ています。
それは、「悟る、実感する、実現する」。
アンダースタンドは知識として
「知っている、分かっている」ということだそうです。

つまり、頭で理解しているうちは、
物事は実現しないということです。
思い知るというか、体で実感したとき、
いろいろなことが実現したり実行できたりするようです。

そういう意味で、
片胸がゴッソリ無くなってから生きていくということや、
入院中、ドカスカ髪の毛が抜けていく中で
友人達が手を差し伸べてくれたこと等は
文字通り、私に生きることや人の大切さを
思い知らせてくれました。

ただ、「体験しないとわかんないんだよね」と
がん患者同志で、言いあってても
仕方ないなとも思います。
患者になっても分かってない人もいるし、
がんなんかにならなくても
いろいろ気がついている人はいるしね…。

|

« もっと(vol.18/2001.9.23) | トップページ | 対等な関係(vol.20/2001.10.02) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。