« 乳房自己検診(vol.194/2003.09.27) | トップページ | プレショック物語(vol.196/2003.10.07) »

さあ、洗濯だ(vol.195/2003.10.02)

乳がん患者は実際には男性もごくわずかいるそうですが、
主には女性です。
患者会も女性ばかりで、賑やかです。
女性の強味はいろいろとあると思うのですが、
その一つは日常生活の諸々が女性にはあるということです。
私のような独身ですらやはり洗濯、掃除、
日常品の買い物などなどがあります。
ましてやお子さんかいる方はものすごい量の
ハウスキーピングがあります。

退院した翌日から、なるべく家のそうした
洗濯などをやって普通に生活してみました。
スーパーに買い物に行くと疲れて駅前広場の
ベンチで休みながらも
日々のそうしたこまごましたことをして、
今日まで無事に生きてきています。

仏教の警句にも
「法悦を感じ得た後は、さあ、これから洗濯だ」
というものがあるというのを聞いて、感激しました。
生きていくということは、
結局こういうことだと思います。

|

« 乳房自己検診(vol.194/2003.09.27) | トップページ | プレショック物語(vol.196/2003.10.07) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。