« リアライズ(vol.19/2001.9.28) | トップページ | 決断する(vol.21/2001.10.05) »

対等な関係(vol.20/2001.10.02)

日本人は人と対等な関係を作るのが、
苦手な民族だと言われています。
妙に下手に出てみたり、反対に先輩風を吹かせてみたり。

これを特に私自身が感じるのは、
病院でお医者様と話をする時です。
もちろん、医師としてのキャリアなどを
尊敬する気持ちは大切だと思うのですが、
気がつくと、もう卑屈なくらい
「すみません、すみません」
を連発している自分がいます。

星野富広さんの日記を読んでいたら、
(体育教師でマット運動中の事故で
下半身付随になって、筆を口にくわえて絵を描く人)
同じ患者さん仲間から
偉そうにもしないで、卑屈にもならず、
ありのままをみつめて胸をはって生きることが
大切なのだ、と教えられたというくだりがあり、
私もそれに少しでも近づきたいな、と思いました。

バカそうにもせず、無理に利口そうにもせず
お医者様とだけでなく、
いろいろな人と気持ちよく接していきたいものです。

|

« リアライズ(vol.19/2001.9.28) | トップページ | 決断する(vol.21/2001.10.05) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。