« 人付き合いの基本姿勢(vol.203/2003.11.12) | トップページ | 宇宙の突貫工事(vol.205/2003.11.21) »

天気と身体の相関関係(vol.204/2003.11.16)

入院中に外泊許可出ると、よく行っていたのは
カラオケボックス、もう一つは麻布十番にある
整体マッサージの、とある秘密(?)マンション。
このマッサージは知る人ぞ知るで難病の人が
噂を聞きつけて全国からやってくる有名な所でした。
確かに腕がいいのです。
行く前もそんなに抗がん剤の副作用があるとは
思わない私でしたが、帰るときは足取りが違いました。

ある天気の悪い日、「今日はジメジメして身体が重い」
と思ったのが、帰りは変わらず天気は悪くても
「雨で空気がしっとりして心地よい」と
感じたことがありました。
つくづく、「身体の状況によって、私たちの感受性は変化する」
と実感しました。

「天気が悪いからだるい」と思う日は、
それは天気のせいではないのかもしれません。
自分の身体を労わった方がよさそうですね。

「身体の状況によって私たちの感受性は変化する」
と思います。

|

« 人付き合いの基本姿勢(vol.203/2003.11.12) | トップページ | 宇宙の突貫工事(vol.205/2003.11.21) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。