« 宇宙の突貫工事(vol.205/2003.11.21) | トップページ | 到達境地(vol.207/2003.12.02) »

人間力(vol.206/2003.11.27)

私が勝手に贔屓にしている学者、
上田紀行さんの新刊が出ました。
「親鸞と暗闇をやぶる力」講談社プラスアルファー新書

その冒頭にある
「経済が好調なときは人々の元気がよくて、
不況になると一気に顔色が悪くなるような社会を、
真に『強い』社会と呼べるだろうか」という
問いかけを読んで、妙に納得しました。

上記と同じことは健康にも言えると思います。
体が元気で何も問題がないときは、
人は明るく前向きでいられます。
でもひとたび、それが崩れたときこそが、
人間力を問われると思います。
シルバー社会に突入していくこの国では
難病でもしぶとく生きていく、
病を抱えてしたたかに楽しみを見出せる
人間力が問われていると思います。
自分自身が行なう研修、講座、コーチング等も
それをテーマにしていきたいと思います。

|

« 宇宙の突貫工事(vol.205/2003.11.21) | トップページ | 到達境地(vol.207/2003.12.02) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。