« 自分で立つ厳しさ(vol.221/2004.02.17) | トップページ | キュンなセリフ(vol.223/2004.02.28) »

ちっちゃな幸せ(vol.222/2004.02.23)

このところ聖路加病院での病院訪問ボランティアの
要請がにわかに多く、
一度に2名か3名の患者と面会してくるので、
色々なことを思い出したり、再発見したりします。

自分でわざわざ「ボランティアを受けたい」
と言う人ですし、
聖路加は全て個室なので経済的にも余裕がある人が
比較的多いのも事実なので、
そうした要素もあるとは思いますが、
前向きで気持ちの綺麗ながん患者さんが多いです。
特にこの間、年配のがん患者さんで笑顔が
すごく素敵な女性をコーディネートされて
私自身も勉強になりました。

彼女は一言で言うと、
ちっちゃな幸せを大事にしていました。

帰り道に思いました。
ちっちゃな幸せは
神様が人によってくれる数を変えているわけでなく、
どの人にもありあまるほど、
ほぼ均等に割り当てられている数をどれだけ認識するか、
これに尽きると。

|

« 自分で立つ厳しさ(vol.221/2004.02.17) | トップページ | キュンなセリフ(vol.223/2004.02.28) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。