« 葛藤保持力(vol.227/2004.03.18) | トップページ | 呪文(vol.229/2004.03.30) »

ゲニウス・ロキ(vol.228/2004.03.23)

沖縄の国立劇場を設計した人がテレビで話していて
知った言葉に「ゲニウス・ロキ」というものがあります。
土地や建物自体が、精神というか魂を持っている、
という考え方を言うそうです。
その人は「『ゲニウス・ロキ』の声を聴きながら
建てるのだ」と話していました。
こうした考え方は昔は当たり前のように思われていましたが、
今は形骸化してやるか、全く顧みられないかではないかと
思います。

と偉そうに分析する私がハタと思い至ったのは、
自分の会社の誕生日を祝っていないということでした。
そこで、この間の週末に自分の会社の15歳の誕生日を
参加型のセミナーを開いてお祝いしました。
何をやるかなど準備を少しづつして、本番となり、
全てが終わった21日の日曜の夜は感慨ひとしおでした。
がんのための記念日である入院記念日や抗がん剤記念日、
手術記念日にはずい分を意識が行っていたのですが、
それ以外の記念日にやっと意識が行くようになった私です。

これからも目に見えないものを大事にしていきたいと
強く思う今年の春です。

|

« 葛藤保持力(vol.227/2004.03.18) | トップページ | 呪文(vol.229/2004.03.30) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。