« よくやっているよ(vol.22/2001.10.11) | トップページ | 心の準備(vol.24/2001.10.19) »

友達って?(vol.23/2001.10.15)

病気になる前は『友達』というのは、
つきあった時間の長さやお互いの共通点が多いほど、
親しくなれるのだと思っていました。

半年の入院中、やはり若い人にがんが増えたとはいえ、
大半は、私よりもひと周りもふた周りも
年齢が上の人たちと共に過ごしました。
そして今でもその人たちからたまに電話が入ったり、
病院でバッタリ出会ったりすると、
もう、話が何だか弾んでしまいます。
がんという、お互いに死の淵を歩んでの人間関係とか、
そこで交わした言葉の記憶というのは、
簡単に消えないものなのだとしみじみ思います。

ただの話し相手なら、
簡単にみつかるのが今の世の中です。
でも、もし友達というものを人生の中で望むのなら、
『経験を共有すること』なのだなと思います。

|

« よくやっているよ(vol.22/2001.10.11) | トップページ | 心の準備(vol.24/2001.10.19) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。