« 気にいる・気にいらない(vol.233/2004.04.20) | トップページ | 心の天気バロメーター(vol.235/2004.04.30) »

年配の魅力的な女性(vol.234/2004.04.25)

がんになってから年配の人を見る目が
変わりました。
前は、単に「あ、年寄りがいる」というくらいにしか
思えなかったんですが、
今は「よくぞ、その歳まで何もなく生き延びてきて」
という尊敬する気持ちがします。
退院直後はそれに加えて「それに比べてこの私は
40代前半でがんなんて、なっちゃって。情けない…」
という劣等感もものすごく湧いてきていました。

乳がん患者会に行くと、特に秋の大会はずいぶんと
みな、お洒落をしてきます。
「若いとき、綺麗だったろうな」と想像させる人も
多いです。
普通に世の中の年配の女性の綺麗な人の比率よりか
心なしか多いような気もします。

世の中にはいろんな歳のとり方があります。
でも痛感することは、それは決意と努力によって
ある程度、本人がコントロールできるものなのだと
いうことです。
洋服やお化粧ももちろん大事ですが、
むしろ精神のあり方によって大きく変わってくるように
思います。
そしてそれを達成している女性を見るのは
大きな喜びです。
若くて綺麗な女性やかっこいい男性を見るより、
素晴らしいことのようにも最近は感じます。

|

« 気にいる・気にいらない(vol.233/2004.04.20) | トップページ | 心の天気バロメーター(vol.235/2004.04.30) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。