« 自分直接情報(vol.239/2004.05.23) | トップページ | 「より良い」こととは?(vol.241/2004.06.03) »

投げることをやめる(vol.240/2004.05.28)

以前、巨人の桑田投手がスランプから脱した際に
インタビューで答えていたことで、
印象深いコメントがありました。
桑田投手曰く「投げることをやめたんです」。
記者はよく意味がわからないのか、
突っ込んで訊いていましたが、
桑田投手はあまりうまく言葉にならないまま、
そのやりとりは終わりました。
要は彼は「『投げる』という意識を持つことをやめた」
ということを、言いたかったんだろうと思います。

流れを生むために、あえてそこを使うことを意識しない。
他のところを観る。
そのことから生じる自然な流れを味わい、感謝する…。

私たちの身体はもちろん、
そうした流れを持っていると思いますし、
「がん養生もそして人生もそうだな」と感じます。
治すことにやっきになるのでなく、
生き生きと暮らすこと。
そして大手の会社や他の研修講師の経歴を自分と比べて
やっきになるのでなく、
淡々とやれること、好きな仕事をしていくこと。
その流れの中で、最近は仕事や人間関係が急速に
好転していることがいくつかあります。

|

« 自分直接情報(vol.239/2004.05.23) | トップページ | 「より良い」こととは?(vol.241/2004.06.03) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。