« 投げることをやめる(vol.240/2004.05.28) | トップページ | 一人、わが身を引き受ける(vol.242/2004.06.08) »

「より良い」こととは?(vol.241/2004.06.03)

偶然に電車の中で研修の昔の卒業生に会いました。
「今、会社はどうしているんですか?」とか
「例のあのバイトの仕事もしているんですか?」とか
「病気の方はもういいんですか?」とか
結構、興味津津で尋ねられました。
純粋に質問してくれたのかもしれませんが、
私の精神状態を反映してか、言外に感じたのは
「前はよかったけど、不況で大変でしょ」みたいな
ちょっと蔑まれているような質問のされ方でした。
はっきり言って心の中でムッとしてました。

とはいえ、やはり正直にみて、
事務所は今までで一番ボロイ所ですし、
収入もショボイですし、
そしてがんですから疲れやすいですし…。

そしてその男性と別れてから、ハタと思いました。
「より良い」とはどういうことか?
よい多いこと、大きいこと、たくさん手に入っていること。
これらが決して「より良い」ことではない。
そしてそのことを再決断するために、
意味ある偶然として「あの卒業生に会ったのだ」
と思うことにします。

たとえこれからどんなことが訪れようとも、
いつの瞬間でも「今が一番よいときだ」
と思う暮らしぶりをこれからもして行こうと思います。

|

« 投げることをやめる(vol.240/2004.05.28) | トップページ | 一人、わが身を引き受ける(vol.242/2004.06.08) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。