« 人生はセラピー(vol.247/2004.07.04) | トップページ | 身体への旅(vol.249/2004.07.14) »

自分にとって(vol.248/2004.07.09)

浜田真理子という歌手の存在を最近、知りました。
この間の日曜夜のTBSの「情熱大陸」にて特集してました。
島根に住む、日本一スローな生き方のシンガーとのこと。
離婚をしているので娘と自分の母親と暮らし、
OLをしながらマイペースで歌手活動。
というのも、500枚の自費出版CDが一人歩きをして
売れているようですが、自分の生き方を崩していないそう。
彼女の言葉で印象的だったのは
「『東京に進出したら』『もっとよいホールで歌ったら』
と言われるけど、
「私にとって本当にいいところに行き着きたい」
というコメント。

自分にとって本当にいいところ…。
大事な視点。
私はつい世の中が作った物差しで
本のこと、仕事のことなど、背伸びしようとしてしまう。
気をつけよう…。
よくよく考えれば、がんもならない方が勿論よいのですが
この病も「私にとって
一番いいところに辿り着くための構成要素だ」と
確信する生き方のみを目指したい。

|

« 人生はセラピー(vol.247/2004.07.04) | トップページ | 身体への旅(vol.249/2004.07.14) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。