« 動物の死、植物の死(vol.253/2004.08.07) | トップページ | 2012年に何が起きるのか?!(vol.255/2004.08.22) »

人任せのことはコケる(vol.254/2004.08.17)

先週の沖縄旅行は観光地化されていない
秘境のようなところばかりを廻っていました。
断崖の岩場を大変な思いで降りていき、
誰もいない海の洞窟にも入りました。
真っ赤やロイヤルブルーの熱帯魚もウジャウジャ
ウジャウジャいました。
ただし、私はカナヅチなんです。
背の立つ所で何とか浮くだけです。要は怖いのです。
溺れたい経験はないけどとにかく怖いのです。

その洞窟でしっかり海の中で立つ、潜るというやり方で
海の神のパワーをもらうというのがあったのですが、
悲しいかな潜るのは大変なことでした。
摘出して胸が無い方に手製のビニールで作った胸パッドを
入れていたので、それに浮力がついて余計に体のバランスが
とれないので、「わあ~、どうしましょう!」
と泣き言を言っても案内人の神人(カミンチュ)さんは
「ここは自分の足で立ち自分でやるところです」と
辛抱強く待っていました。

思えば人生、腹をくくったことはうまく行き、
人任せだったことは何一つ動かない人生だったと
海に7回、必死に潜りながら思っていました。
思えば大変判りやすい人生でした。
そしてこれからもそうなのだと思います。

|

« 動物の死、植物の死(vol.253/2004.08.07) | トップページ | 2012年に何が起きるのか?!(vol.255/2004.08.22) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。