« サイン(vol.26/2001.10.27) | トップページ | 受身になって(vol.28/2001.11.05) »

神経系のリラックス(vol.27/2001.10.31)

昨年入院中の終わりごろ、
あけぼの会という乳がん患者の会に入ったのですが、
当初は、色々と送られてくる資料やニュースレターが、
怖くて怖くて読めませんでした。
チョッと勇気を出して読むと、
骨転移したとか再発時の治療方法等の恐ろしい文字が、
目に飛び込んでくるので、さっと頁を閉じてました。

でも退院したら、狭い自分の部屋なので
資料はイヤでも目に付くわけです。
そこで、ある日、意を決して一気に目を通しました。
そうすると、すごく不思議なんですが、
台風の眼の中に入ったような感じがありました。
ホント、えもいわれぬ静けさを味わえたんです。

やはり「問題から逃げていると駄目だよね」
って、実感しました。
問題の中に入り込んでいった時、
実は、神経系の深いリラックスが起きるというのは
ホントだなと思います。

|

« サイン(vol.26/2001.10.27) | トップページ | 受身になって(vol.28/2001.11.05) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。