« 立禅(vol.280/2005.02.04) | トップページ | 船は波を立てる(vol.282/2005.02.16) »

時間を守る(vol.281/2005.02.09)

私の主治医は病院でなく、個人のクリニックです。
午後はすべて時間で予約をとっている、
主に私のような婦人科系のがんの患者さんの
診療時間になっています。

午前中に仕事をして行くと、
遅刻しそうになって本当にダッシュで駆け込みます。
「遅れそうなら電話をしてくれればいい」
と言ってくれますが、
絶対に間に合いたいと思って走ります。
他の患者さんも相当、時間には余裕をみて来るようです。

がんといういのちの崖っぷちで
診療時間に遅れるというのは、
そしてそういうことを繰り返していると、
だんだんと人生が下り坂になるような気がするのです。
きっと他の人もそうなんだと思います。

時間を、診療時間を守れないということは、
自分をたいしたことない人間だと扱うことに
なると思います。

|

« 立禅(vol.280/2005.02.04) | トップページ | 船は波を立てる(vol.282/2005.02.16) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。