« 自分で作り出したことなんだから(vol.298/2005.06.11) | トップページ | 飛び込む(vol.300/2005.06.24) »

回転木馬(vol.299/2005.06.18)

偶然につけたテレビで
フランスだかの遊園地の風景をみました。
結構レトロな遊園地で、ぼんやりその番組を見ていました。
老朽化している観覧車とか、
喘いでいるようなジェットコースターなどなど。
そのうちクラシックな装飾のメリーゴーランドが
出てきました。
大人も子供もそれぞれ、お気に入りの木馬や馬車に乗って
楽しそうでした。

ふと、それを見ていて思い浮かんだことは
「私たちは、それぞれ追い越されることのない、
そして追い越すことも出来ない、
それぞれのレースをそれぞれの速度で
それなりに全速力で移動しているのだ」ということです。

いらぬ競争をしても始まらない。
仕事でもがん養生でも。

そんなことをしんみり考えた真夜中のテレビでした。

|

« 自分で作り出したことなんだから(vol.298/2005.06.11) | トップページ | 飛び込む(vol.300/2005.06.24) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。