« present(vol.311/2005.09.06) | トップページ | 名前は祈り(vol.313/2005.09.20) »

否定形は駄目!(vol.312/2005.09.13)

テレビは選挙戦の総括を色々とやっています。
政治音痴の私が一つ思うことは民主党のキャッチフレーズ
「日本をあきらめない」。これは駄目。
どうして誰か参謀が助言しなかったのでしょうか?
否定形は心理学的に駄目なんです。

NLP(神経言語学)では、こんな話があります。
ある米国のオイル工場で転倒事故が多い場所に「走るな」
という貼紙を「ゆっくり歩け」と変えたただけで、
事故の数が減ったそうです。
ストレートが私たちの脳にはよいようです。

ということで、「再発、転移しないように」ではなく、
「楽しく生きる」「好きに暮らす」をモットーに生きてきた私。

とはいえ、人間だから考えます。「悪くなったら?」と。
考えないように考えないように、
というほうがストレスになりますから、
そういうときは予め決めておいた「キャンセル」で
気持ちのリセットです。
チベタンベル、チ~ンで、不安の雲をキャンセルにします。
というか、キャンセルしたことにしています。
そのうち、日々の仕事やこまごましたことや、
テレビを見て笑って、本当に忘れています。

|

« present(vol.311/2005.09.06) | トップページ | 名前は祈り(vol.313/2005.09.20) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。