« 善意も悪意も連鎖(vol.314/2005.09.28) | トップページ | 自分を頼みにする心(vol.316/2005.10.12) »

感謝できる人は強い人(vol.315/2005.10.05)

日曜に、お手伝いしているヒーリング系の見本市がありました。
120団体くらいが出展し、千名以上のお客様が来場の展示会。
2年も続いていて、つくづく思うことは、
帰りがけの出展者の表情、マナーです。

ニコニコして「ありがとうございました」と
言って帰る人は、たいてい長続きしています。
売れなかったと文句言ったり、
自分の場所が悪いと苦情を言ったり、
後片付けをきちんとしないで帰ってしまう人、
事前振込みを守らない人、そういう人は結局、
2年の歴史の中で自然に淘汰されています。

「感謝」というのはやはり高いレベルのことなのですね。
口先でなく、心から他人に感謝するというのは
心がしっかりしている人が出来ることなのだと思います。

がん養生にも、これはあてはまると思います。
入院中、文句ばかり言っている人は、抗がん剤の
副作用が結構ひどかったように感じます。

とはいえ、感謝病のように、過度の感謝も
これもまた心が弱い人がすることだとも思います。
適切な感謝が人生のどんな場面でも、ものをいうと思います。

|

« 善意も悪意も連鎖(vol.314/2005.09.28) | トップページ | 自分を頼みにする心(vol.316/2005.10.12) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。