« 感謝できる人は強い人(vol.315/2005.10.05) | トップページ | 素食に学ぶ(vol.317/2005.10.18) »

自分を頼みにする心(vol.316/2005.10.12)

よしもとばななさんと河合隼雄さんの対談集「なるほどの対話」
が文庫本になったので買いました。(新潮文庫)
興味深いお話がいっぱいあるのですが、
最後のほうに河合先生がアメリカの先住民族、ナバホ族に
会いに行ったことが出て行きます。
笛を吹いているシャーマン(呪術師)が述べた、
シャーマンであることの条件は2つでした。
そしてそれはどの人にもとても大切なことだと述べています。
Honesty(「正直」でなく「謙虚であること」と訳しています)。
Believe in my self(自分を信じること)。

後者はちょっとやりすぎると傲慢になります。
前者もちょっと度が過ぎると自信がない状態になります。

がんと共に平安に生きるのも、言うは易し、やるは難し。
そして上述の2つが肝だとやはり思います。
「自分は大丈夫だ」と言う人もいるけれど、
私は「あれはちょっと嘘っぽいな~」と思ってしまう…。
もちろん、「駄目だ」と思っても駄目だし…。
でも、何でもかんでも、この2つが大事だと改めて思います。

|

« 感謝できる人は強い人(vol.315/2005.10.05) | トップページ | 素食に学ぶ(vol.317/2005.10.18) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。