« 宇宙はバランスをとる(vol.320/2005.11.08) | トップページ | 欠けてから始まる人生(vol.322/2005.11.26) »

患者の前で。客の前で(vol.321/2005.11.16)

この間、骨シンチの検査などで大学病院に行ったのですが、
造影剤を入れるのに私の腕は5年の注射生活で、
もう本当に刺すところがないのです。
毎回のことなのですがやる人は困っていました。
主治医のいるクリニックでは毎月なので心得たものなのですが
こうした検査は年に一度なので、
大学病院では液が入るまでにいつも時間がかかります。

放射線かで、なかなか入らないのに業を煮やして、
先輩格のドクターが一生懸命やっている後輩らしき人を
怒鳴っていました。
患者さんのためを思ったのかもしれないけど、
あんまりよい光景ではなかったです。

病院以外でも、客の前でスタッフを怒るシェフとか、
客の前で弟子を叱る美容師とか、そういうのに
何度か遭遇しましたが、あれって周りの雰囲気を壊します。
結局はお客さん、患者さんを大切にしていないんだと
思います。
でも自分も気をつけよう…。

|

« 宇宙はバランスをとる(vol.320/2005.11.08) | トップページ | 欠けてから始まる人生(vol.322/2005.11.26) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。