« 欠けてから始まる人生(vol.322/2005.11.26) | トップページ | 大いなる勘違いはよいことだ(vol.324/2005.12.11) »

人生は巨大なトランプゲームだ(vol.323/2005.12.03)

人生は巨大なトランプゲームだなとつくづく思います。
最初に配られたカードが悪くても、
そしてその後の回ってきたカードが悪くても、
やり続けると勝つこともあるし、
どんなにいいカードを持っていても負ける人もいます。
その巨大さは、最初が千枚くらいで、その後一時間に
一枚ずつくらいカードが配られてきて、とにかく巨大。
面白いゲーム。

ところで、このゲームで勝つってどういうことか?
それは「どんなカードが来ても受け止められる」
って、ことじゃないかな?そしてそれを「楽しめる」こと。

とにかく私は自分のこうしたトランプゲームを 楽しく真剣に
やっている人としか、 自分のプライベートな時間は
使いたくないと思うのです。
がん患者さんはそういう意味で、トランプの枚数をひしひしと
感じてしまうので、病院訪問ボランティアをするのは早起きし、
文字通りボランティアなので報酬はないけれど、
お話を伺うのは有意義な時間。
前に中学のクラス会に行ったら、殆どの人とあまりに
話が合わず、お互いにトランプゲームが違うと悟ったので
「二度と行かない」と決めました。

|

« 欠けてから始まる人生(vol.322/2005.11.26) | トップページ | 大いなる勘違いはよいことだ(vol.324/2005.12.11) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。