« 中国の城壁(vol.327/2006.01.01) | トップページ | 残存効果(vol.329/2006.01.18) »

正月の幻想(vol.328/2006.01.08)

12月の中旬に住んでいる地区の無料成人病検診を受けました。
結果はすぐに出ていたのですが、それを聞くのが何だか怖くて
放っておいたのですが、新年で何もかもが
リセットされたような気持ちになり、昨日、聞きに行きました。
がん関係は主治医のところでもチェックしていますから大丈夫。
とにかく、ある一つを除いて絶好調の結果でした。

ある一つとはコレステロール値。
おととしから徐々に上がり、今回は大分高く、動脈硬化などの
恐れがあるので主治医に今のホルモン治療の影響か?なので、
相談をするように言われました。

除夜の鐘がゴ~ンと鳴ると、しみの多い草臥れた古いノートが、
まっさらな白いページばかりのノートに
入れ替わった幻想を人は持ちます。
もちろんそういう部分もあるけれどすべてご破算にはならない。
純白のノートではないことを
今回のコレステロール値は一つの象徴として、
教えてくれていると思いました。

すべては改まっていない。
そして向き合っていかなくてはならない負の事実。

|

« 中国の城壁(vol.327/2006.01.01) | トップページ | 残存効果(vol.329/2006.01.18) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。