« 「~だったらいいなぁ」で十分(vol.335/2006.03.15) | トップページ | 桜はきっと頑張っていない(vol.337/2006.04.02) »

立ち読みと腸の運動の相関関係(vol.336/2006.03.24)

この間たまたま見たテレビで
「本屋のような場所でたくさんのものをぼ~っと見ていると、
自律神経とかがうまい具合に動き、腸が活発に動き
便通を促進する」ということをやっていました。

これで長年の謎がとけました。
本屋で立ち読みをすると、必ずトイレに行きたくなり、
慌てて帰ったり近くのヨーカドーのトイレを拝借してました。
また入院中、がん患者は化学療法や放射線治療で
便秘になることが多いのですが、談話室で
「本屋に行くとトイレに必ず行きたくなるよね。
売店は狭いけどそれでもいいから雑誌とか見ていると
いいよね」という話がよく出ました。
偶然ではなかったんですね、やはり。

ぼ~っとする。
これがポイントだと思います。
便秘だけでなく、人生で、特にがん患者は、
ぼ~っとしてみることが大切だと思います。
「言うは易し、やるは難し」ですけどね。

|

« 「~だったらいいなぁ」で十分(vol.335/2006.03.15) | トップページ | 桜はきっと頑張っていない(vol.337/2006.04.02) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。