« 思いは実現する?(vol.33/2001.11.24) | トップページ | 一期一会(vol.35/2001.12.02) »

あきらめる(vol.34/2001.11.28)

結婚したり、人と温泉に入ったりは
今の私にとっては無理だなと感じてしまうのです。
それは決して後ろ向きで言っているのでなく
無理と感じるから無理と言うわけですが、
なかなか人はそのまま受け止めてくれず、
何度も言われる言葉の一つが「あきらめないで」です。

なんかこの「あきらめる」という言葉に
ひっかかっていたら、良い文章に巡り合いました。
今やベストセラーの五木寛之さの一連のエッセーの
「他力(講談社文庫)」の中に出ていたのですが、
あきらめるというのは
本来の意味は「明らかに究める」ということだそうです。

つまり勇気を持って現実を直視すること。
ないものを捏造したり、願ったりすることではなく、
まずキチンと現状を認める、見たくない現実を
受け入れるということ。

そういう意味で、私の残りの人生は
あきらめることはあきらめ、まだやれることはやり、
楽しめることは楽しむのみだと思っています。

|

« 思いは実現する?(vol.33/2001.11.24) | トップページ | 一期一会(vol.35/2001.12.02) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。