« ビート・イエスタディ(vol.350/2006.08.03) | トップページ | 日記&写真集セラピー(vol.352/2006.08.29) »

人間の尻尾(vol.351/2006.08.14)

3歳の甥の今の時期の我が家にやって来る楽しみは、
ビニールで膨らませるプールに入ること。
「今日は寒いからやめたほうがいいんじゃない」
と言うと、しょげます。
「プールしよう!膨らまそう!」と言うと、
さしずめ犬が喜んで、バタバタと尻尾を振っているように
見えます。
尻尾はないけどそんなふうに見えます。

7歳の姪はもう大分大人びてきて、
あんまり尻尾があるようには見えなくなりました。
人間はいつから尻尾がなくなるのでしょうか?

大人になっても、
犬が尻尾を振るように、
嬉しいこと、自分の好きなことに突進しているとき、
人は免疫細胞が一杯、活性化しているような気がします。

|

« ビート・イエスタディ(vol.350/2006.08.03) | トップページ | 日記&写真集セラピー(vol.352/2006.08.29) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。