« つながりは意識に比例する(vol.357/2006.10.20) | トップページ | 雨天を受け入れよう(vol.359/2006.11.18) »

想像力の欠如(vol.358/2006.11.07)

先月の江原さん(オーラの泉)の講演会で、
彼が終始一貫強調して話していたことの一つは
「全ての問題は想像力の欠如から起きる」ということ。

自分のがんに引き付けてみると、
「このがん体験は私に大いなる想像力の翼を授けてくれた」
と思います。
生の中に死が組み込まれながら営まれる日々。
挫折したり、目の前の予定が崩壊していく人への共感。
こうしたことを自分は病気になる前は
わかっていなかったと思います。

先日、ある有名(?)女性コーチのブログを読んで、
ちょっと勝手に傷ついた自分がいます。
それは、その女性が体調を壊し検査入院をしていて、
病棟から、おそらくパソコンで日記を書いてるのですが
「がんなんかだったら、どうしよう…」という文章。
がん、なんか、だってぇ~!!
その、なんか、の、人間がいっぱいいるんだよぉ~!って
勝手に憤り、勝手に落ち込んでいた私。

でも自分もそういう言動を病気になる前は、
平気で撒き散らしていたんだと思います。

「想像力の翼を育てていく生き方をしていこう」
と改めて思います。

|

« つながりは意識に比例する(vol.357/2006.10.20) | トップページ | 雨天を受け入れよう(vol.359/2006.11.18) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。