« 相手のために質問する(vol.366/2007.02.20) | トップページ | 厳しくも暖かい春(vol.368/2007.03.20) »

音楽で感情を排泄(vol.367/2007.03.08)

先月はぎっくり腰になっていました。
それも二度も…。そして生まれてはじめての体験。
とにかくあまりの痛さに唸りながらも
仕事も休めず、ノソリノソリと歩いていました。

2月の最終日曜は東京すぴこん(展示会)の
今回は事務局のお手伝いになっていて、必死に行きました。
最悪、早退か?と思っていました。
しかし、会場で周りが薦めるタイ式マッサージをベースにした
独自のボディワークの男性にみっちり30分の
ヒーリング&マッサージをしてもらいました。5,000円也。
私にしては結構な出費でしたが、終わってみれば
ほぼよくなっておりました。

その際言われたことは「あなたの体の声を聴きました。
腰痛は通常は怒りの感情からとよく言われますが、
あなたの場合はちょっと昔の悲しみから。泣いてね」。

さてさて、その後、展示会では
横笛とハープの生演奏があり、そっと会場の後ろのほうで
聴いていたら、なぜか涙がつつ~っと。
自分は悲しかったんだと思い至りました。
その後、芯に残っていた腰の痛みが消えていました。

ひょんなことで、本物のマッサージと生の音楽に触れて、
自分の中の思いもよらぬものが「溜まっていた」
ことに気づかされました。

|

« 相手のために質問する(vol.366/2007.02.20) | トップページ | 厳しくも暖かい春(vol.368/2007.03.20) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。