« HEAVEN 印(vol.381/2007.08.30) | トップページ | イーグルの智恵(vol.383/2007.09.30) »

電柱広告に学ぶ(vol.382/2007.09.13)

近所の電信柱に貼紙がしてあり、
いかにも素人が貼ったようで風にハタハタと揺れてました。
近づいて読んでみると、手書きの文字で
「車売ります!たったの100万円!!応相談、
電話 ○○○ー△△△△ー××××」とありました。

苦笑いがこみ上げました。
この人は車を本当に売りたいのか?
100万円を本当に手にしたいのか?

確かにわざわざこんなふうに書いて貼っているのだから
お金に困っていて即金が欲しいのだと思います。
でも「応相談」この3文字で
彼は(彼女?)事態を台無しにしています。

でもこれは私を含めて人が夢を手にしないやり方の
象徴だと感じました。
あるものや状態を手にしたいと言いながら、
別のものを受け入れてしまうかのような行動をとること。
悪気はなく軽い気持ちで言った言葉で
欲しいものを手放していく人生。

自分のがんに絡めてみてみると
「がんから解放されて元気になりたい」と言ってよいのに
「でもがんは治らない病気だから」と言ってしまうことで
大事なことがざるから水が落ちるように
流れてしまっているということ。
そうなると、宇宙は不安定な結果しか
寄越さないのではないでしょうか?
分岐点に差し掛かったら人生は突き進むのみ!

|

« HEAVEN 印(vol.381/2007.08.30) | トップページ | イーグルの智恵(vol.383/2007.09.30) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。