« 掃除、しよう! (vol.386/2007.11.16) | トップページ | 喪中葉書に思うこと(vol.388/2007.12.16) »

トングレン瞑想(vol.387/2007.11.30)

吸う息と共に外にある他人の苦しみや悲しみを吸い込み、
吐く息とともに自分の内側にある幸せを送り出す。

これは、最近知った『トングレン瞑想』という実践です。
普通と逆ですねー。
この瞑想では息を吸うときに、
オープンさと、共感や思いやりをもって、
そして、息を吐き出すときも、同じようにします。
助けを必要としている人がいたら、
この実践では、自分からどんなに遠くても、
その人まで届いて共に感じている、と考えるのだそうです。

必要とされているものがあれば、
それを、必要とする人が喜んで受け取れるように送り出す。

不要とされているものがあれば、
それを吸い込み、それを、あなた自身のためと、
同じ状況にいるすべての人のために、
自分の体で感じるのです。

自分が、病気でも健康でも、
金持ちでも貧乏でも、心地よくても悪くても、
トングレンが出来るようになるといいなぁ。
クリスマスが近づくこの時期くらい、
ちょっぴり意識して過ごしてみようかなぁ。

|

« 掃除、しよう! (vol.386/2007.11.16) | トップページ | 喪中葉書に思うこと(vol.388/2007.12.16) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。