« 学習能力(vol.39/2001.12.17) | トップページ | 不確実を生きる(vol.41/2001.12.26) »

変装(vol.40/2001.12.21)

小学校だけキリスト教の学校に通った私は
クリスマスが近づくと、俄かクリスチャンになります。

聖書のお話に
神様が今日、自分の家にやって来ると言われた男が
ご馳走を作って楽しみに待っていたのですが、
訪ねて来たのは乞食や子供など
彼からみるとろくでもない客なので全部追い返して、
夜に神様に文句を言う話があります。
神様の答えは
「行ったよ、乞食になって、子供になってね…。
でもお前に追い返されたよ」というのです。

今までの人生を振り返ってみると
出会って交流してきたり、会わなくなった人々も
そういう意味で「変装した神様だったのでは」
と思うと、心が暖まってくる気がする反面、
随分と失礼なことをしてきたと
消しゴムで消したくなる気持ちが湧いてきます。

|

« 学習能力(vol.39/2001.12.17) | トップページ | 不確実を生きる(vol.41/2001.12.26) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。