« 心の泉(vol.45/2002.01.10) | トップページ | 適度な不安(vol.47/2002.01.18) »

人生ってやつは(vol.46/2002.01.14)

昨年の秋に肝臓の数値が少し悪くなり、だるいし、
検査して最悪は肝臓に転移という結果が出るかもと
実は脅かされて、髪の毛が逆立つ思いでした。

その時、バイト先の社長さんの紹介で
表向きは整体やアロマ療法をする、
実際は透視をするという先生のところに
藁をもすがる思いで行ってみました。
即、言われたことは
「最近、慢心してませんでしたか?
病気は誰かが治してくれるって」でした。
確かに2週間に一度点滴に行くものだから、
ついつい医者が、そしてその点滴の薬が
治してくれていると
知らず知らずに思っていたところがありました。
ですから退院直後は真面目にやっていた食養生も
いいかげんになって来ていて、コンビニのお弁当や
ついにはコーヒーやケーキも食べたりしてました。

そこでとにかく自分でもう一度
改めて「治すぞ!」と気合を入れて、
生活をしっかりやっていくことにしました。
そのうち、数値はよくなりました。

|

« 心の泉(vol.45/2002.01.10) | トップページ | 適度な不安(vol.47/2002.01.18) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。